ポケモン

【S6 最終88位&106位 レート2118&2113 元気全開アシルゴン!】

S6お疲れ様でした!
目標にしていた最終2桁&レート21↑を達成することができたので構築記事を書きました。






〈構築経緯〉
2シーズン前くらいに孵化していたときに出た色アシマリを使いたかったので、アシレーヌから構築を組み始めた。何種類か持ち物を使い分けて個人的に一番使いやすかった耐久振りの眼鏡アシレーヌを採用した。
次に、アシレーヌが苦手なナットレイロトム系統に強く出られるポケモンを探していたところ、なにかのついでに捕獲していた色ヌメラがボックスにいたので使ってみたら、思ったより使いやすかったのでヌメルゴンを採用した。
次に、トゲキッスが重かったので対面撃ち合えそうな弱保アーマーガアを採用した。
次に、パッチラゴンがきつく受け崩しの枠もいなかったため、ラム剣舞ドリュウズを採用した。また、ドリュウズトゲキッスと撃ち合えると考えた。
ここまでで、ギャラドスに誰も勝てないのでギャラドスに勝てる腕白ギャラドスを採用した。
最後に、いろいろ誤魔化せたりドリュウズだけでは不安なパッチラゴンに対してなんとかできるミミッキュを採用した。
また、残飯カビゴンに対して隙を見せたくなかったため、構築全体で残飯カビゴンに強くなるように型を決めた。

採用順
アシレーヌヌメルゴン→アーマーガア→ドリュウズギャラドスミミッキュ




〈コンセプト〉
アシレーヌを使う
・残飯カビゴンにペースを握らせずに勝つ




〈個体紹介〉
1.アシレーヌ@こだわりメガネ

特性:激流
性格:控えめ
実数値:175(156)-x-110(124)-182(156)-137(4)-89(68)
技構成:熱湯/ムンフォ/ドロポン/サイキネ
HB
252鉢巻ヒヒダルマ地震確定耐え
特化鉢巻エラガミを81.3%で耐え
S
4振りアーマーガア抜き

耐久振りのおかげで積極的に初手に出しやすかった。
火力も十分にあり、初手で出し勝ちできたときの裏へ大きい負担をかけることができたり、抜群をとることができればダイマックス相手にもほぼ瀕死に近いダメージを与えることができた。
熱湯火傷やムンフォCダウン次第では、襷ドリュウズラプラスにも勝てることもあった。




2.ヌメルゴン@食べ残し

特性:草食
性格:図太い
実数値:196(244)-x-126(196)-136(44)-171(4)-103(20)
技構成:竜波/アシッドボム/火炎放射/身代わり
HB
無振りカビゴンの空元気が身代わりが最高乱数切り耐え(残飯カビゴン意識)

ヒトムナットドヒド、残飯カビゴンメタ。
草食でやどりぎの一貫を切ることができるのが偉い。
ドヒドイデと対面したとき、ほとんどの場合どくどくをしてくるので身代わりでアドを稼げる。
受け構築に対しても積極的に出し、TODやアシボからアシレーヌで崩す動きもできた。
ドラパミミキッスに弱いのが難点だが、ドラパルトに対してはドラゴン技を撃たせられるためアシレーヌに引くことができたり、トゲキッスのダイフェアリーを1回は耐えるため、アシボ+裏のアシレーヌで大きく削ることもできた。
竜技は竜波を採用したが、もともと火力がなく裏にかけられる負担が少ないため、それなら30%で麻痺にできる竜の息吹もありかもしれない。(今回はカビゴンメタでもあり息吹で麻痺になると困るため不採用)





3.アーマーガア@弱点保険

特性:ミラーアーマー
性格:陽気
実数値:205(252)-107-126(4)-x-105-130(252)
技構成:ブレバ/ビルド/挑発/羽休め
S
アーマーガアミラー意識の最速

不一致の炎技をある程度耐えたり、ビルドで積んでいくときにHPを高く保つためにHSに振った。
弱保を持つことでトゲキッスや特殊ドラパルトと撃ち合うことができた。
ナットレイカビゴン、アーマーガアに対しても強いところがよかった。




4.ミミッキュ@命の珠

特性:化けの皮
性格:陽気
実数値:131(4)-143(252)-100-x-125-162(252)
技構成:シャドークロー/じゃれつく/かげうち/剣の舞
ストッパー兼誤魔化し枠。
通りがいいときやパッチラゴンがいたとき、ラプラスの壁ターンを枯らしたいときには選出した。




5.ドリュウズ@ラムの実

特性:型破り
性格:陽気
実数値:185-187(252)-81(4)-x-85-154(252)
技構成:地震/アイアンヘッド/ロクブラ/剣舞
パッチラゴンがいるときに初手アシレーヌを出す場合などに裏に置くことが多かった。(初手アシレーヌパッチラゴン対面は電気技お祈り←ほとんどジェット撃たれた)
少し削れた残飯欠伸カビゴンに、欠伸のタイミングで投げ、剣舞から全抜きすることもあった。
型破りなので天然を無視して崩しを行えることが強かった。




6.ギャラドス@オボンの実

特性:威嚇
性格:腕白
実数値:196(204)-145-143(244)-x-120-109(60)
技構成:滝上り/飛び跳ねる/挑発/竜舞
多くの物理アタッカーに対して威嚇と耐久でかなりの仕事をした。
カビゴンやアーマーガアに対して挑発を入れればガン起点にすることができる。
後出しから相手の珠ギャラドスに勝てるのが強すぎた。
参考記事↓あおにしさん
https://uederno1.hatenablog.com/entry/2020/05/01/_2




・選出率(体感)
アシレーヌ>ギャラドス≧アーマーガア>ヌメルゴンドリュウズミミッキュ




〈重いポケモン
ラプラス
・特殊ドラパルト
・パッチラゴン
・初手ダイマしてくるホルード




〈選出〉
vsヒトムナットドヒド@3
アシレーヌヌメルゴン@1
ダルマ入りは初手が多い印象。
構築にトゲキッスもいるときは選出される可能性が高いのでアシレーヌのHPを大事にすることを意識して選出の@1を決める。


vsギャラドス入り
ギャラドス@2
ギャラドスは選出されることが多いがこっちのギャラドスで止めることができ、場合によっては起点にして全抜きも可能。
相手の残りの5体に合わせて@2を決め、ギャラドスは確実に威嚇を入れられるように裏に置くことが多かった。


vsパッチラゴン入り
ドリュウズorミミッキュ@2
パッチラゴンは絶対に選出される。
パッチラゴンを倒したら通りやすいのを@2に決める。
パッチラゴンのダイマを枯らせば、ヌメルゴンダイマしたとき逆鱗を耐えて切り替えせるため選出することもあった。


vs受け構築
ヌメルゴン@2
選出段階でヌメルゴンTODができるかを考える。初手に投げてTODできそうな場合は裏にHPの高いアーマーガアやドリュウズを選出する。
または、ヌメルゴンのアシボ+アシレーヌで崩す。
参考としてよくされた選出の合計HP↓
例)ドヒドイデピクシーアーマーガア
157+202+205=564
ヌメルゴンアーマーガアドリュウズを選出した場合
196+205+185=586


vsその他色々
アシレーヌギャラドスorアーマーガア@1
よっぽどアシレーヌの刺さりが悪くない限り初手に出すことが多かった。
ギャラドスは環境に多いドリュウズミミッキュに強く出られるためいたら出し🉐
@1は相手の構築に合わせて柔軟に選出する。




〈戦績〉
TNゆうき 147戦 98-49
最終88位
レート2118


終了直前↓



TNフィーネ 201戦 126-75
最終106位
レート2113


終了10分前↓



〈感想〉
S6では、前から使ってみたいと思いつつ使ったことがなかったアシレーヌを使うことができ、楽しんで対戦をすることができた。
初めて育成したヌメルゴンも新鮮でかなり楽しかった。
最終日は、有名強者やFFの方とも何度か当たり、最後まで緊張感のある対戦でした。勝ったときの喜びはやばかった。
結果は今までの自己最高レートと順位を大きく更新し、個人的にはかなり満足です。
次は最終2桁前半目指して頑張ります!



ここまで閲覧ありがとうございました。