ポケモン

【S34 最終34位/2011】誤魔化しオーガグラザシアン

S34お疲れ様でした。
今回は最終34位を取った構築です。





〈構築経緯〉
①初手での出し負けをできる限り減らすことができるHBカイオーガと唯一かなりの不利を取ってしまうゼクロムへの引き先としてHBグラードンから構築を組み始めた。
②ザシアンは入れ得と感じたので採用。初めはHAベースの準速マーシャドー抜きを使用した。
③黒バド対策となるイベルタルを採用した。
カイオーガへの引き先となれるHDムゲンダイナとザシアンやその他いろいろを麻痺+身代わりで誤魔化せそうなHBホウオウを採用した。
イベルタルを出しにくい黒バド入りの構築に動きやすくなるようにザシアンの型をHAからHDに変更して完成した。


〈コンセプト〉
・麻痺や身代わりを絡めた誤魔化し
・初手ダイマ構築には負けない


〈個体紹介〉
1.ザシアン@朽ちた剣

特性:不撓の剣
性格:慎重
実数値:197(236)-192(12)-136(4)-x-183(252)-169(4)
技構成:巨獣斬/じゃれつく/噛み砕く/剣の舞
HD
252カイオーガの雨下潮吹き+じゃれで削れたHPの潮吹き耐え
カイオーガの雨下特化150技耐え
252黒バドのアスビ2耐え
最終日前日まではHAベースを使用し、最終日にHDに変更した。終盤増加しているように感じた黒バドゼルネアスの並びなどに対して動かしやすくなり、多少削れてもゼルネアスに対して役割を果たせる。
スカーフカイオーガの雨下潮吹き+HPが削れた潮吹きを耐えるため、2ターン目に自由な選択をできるのも強かった。実際に2ターン目石火読みで出てきたと思われるザシアンを巨獣斬で削る対戦もあった。



2.イベルタル@突撃チョッキ

特性:ダークオーラ
性格:控えめ
実数値:231(236)-135-115-178(84)-118-143(188)
技構成:バークアウト/デスウイング/蜻蛉返り/不意打ち
S:準速90族抜き
諸説枠。黒バドが重いため採用したが、相手のザシオーガを見ると出せないことが多かった。
珠物理でザシオーガに投げやすくする方がよかったかもしれない。少しでも黒バドを牽制するために上から2番目に配置した。選出率最下位。



3.カイオーガ@ゴツゴツメット

特性:雨降らし
性格:図太い
実数値:207(252)-x-155(236)-170-160-112(12)
技構成:熱湯/冷凍ビーム/雷/電磁波
S:麻痺状態最速黒バド抜き
多くの構築に初手に置くことができ、ダイマを切らなくても強いHBカイオーガ。相手のディアルガ初手ダイマのような構築に対しては麻痺+ムゲンダイナかホウオウでダイマをいなして後発ダイマで切り返す動きが強かった。



4.グラードン@カゴの実

特性:日照り
性格:腕白
実数値:207(252)-170-209(236)-x-110-113(20)
技構成:地震/岩雪崩/ビルドアップ/眠る
ジガルデ擬き。ゼクロムに対して安定するようにHBで採用した。竜舞のタイミングでゼクロムに後投げして眠ることでダイマターンをずらして勝つことができる。
グラードンミラーやネクロズマ、ザシアンに対してもテンポを取ることができる。



5.ムゲンダイナ@黒いヘドロ

特性:プレッシャー
性格:臆病
実数値:243(220)-x-115-165-139(188)-179(100)
技構成:ダイマックス砲/マジカルフレイム/身代わり/自己再生
S:準速マーシャドー+2
今期から解禁された色ムゲンダイナ。マジフレ+身代わりで特殊ポケモン(主にカイオーガディアルガ)のダイマをいなす役割。
等倍や抜群技をマジフレで無理やり受けており下振れのみが存在しているため、身代わりを絡めてできるだけ急所や追加効果の試行回数を減らすようにした。



6.ホウオウ@厚底ブーツ

特性:再生力
性格:腕白
実数値:213(252)-150-148(196)-x-174-118(60)
技構成:聖なる炎/ブレイブバード/身代わり/自己再生
S:+2で最速スカーフカイオーガ抜き
カイオーガの電磁波+身代わりやグラードンと同時に選出した時にワイボザシアンをケアする動きや聖炎の火力を上げることができる。
重めの黒バドを誤魔化すこともできる。



〈重いポケモン
・ブラックキュレム…ザシアンが削れた瞬間終わり
・電磁波吹き飛ばしルギア…麻痺+ザシアンで頑張る


〈選出〉
勘で行けそうなやつ👍
+or
@1 など



〈成績〉
TNwhiz 130戦 87-43
最終34位
レート2011




〈感想〉
今期は新しいルールということでモチベが高く、最低でも2桁を目標としていました。最終日は珍しく2ロム2桁からのスタートでしたが、最後の方は片方のロムが溶けて構築に自信を持ち切れなかった+ムゲンダイカップのEPを確実に稼ぐため30位台での保存を選択しましたが、次ここまで来ることができたら保存せずに潜り続けたいと思います。


ここまで閲覧ありがとうございました。
質問やレンタルに関してはTwitter(@yuuki_poke_)まで。

【S31 最終31位/2015】ジガザシアン極

S31お疲れ様でした!
今回はS31で最終31位を取った構築を紹介します。




〈構築経緯〉
①使い慣れた禁伝であるジガルデとザシアンミラーで強く出られる最速ザシアンから組み始めた。
②環境に多く存在している"バドザシ"の構築に勝率を上げるため、黒バド受けのHDポリゴン2とザシアン受けのHBゴツメサンダーを採用した。
③ここまででカイオーガが非常に重いためHDナットレイを採用した。
④最後に、ムゲンダイナ入りの構築に対して動きやすくするために拘りスカーフカプ・レヒレを採用して構築が完成した。


〈コンセプト〉
・最速ザシアンを強く使う
・歌うラッキーに負けない


〈個体紹介〉
1.ジガルデ@食べ残し

特性:スワームチェンジ
性格:慎重
実数値:213(236)-120-141-x-145(132)-133(140)
→321(236)-120-141-x-145(132)-123(140)
技構成:サウザンアロー/蛇睨み/とぐろを巻く/身代わり
S:変身後に麻痺状態スカーフウーラオス抜き
いつものジガルデ。このSラインでもジガルデミラーで負けていることがあったがこれ以上耐久も削りたくないためこれでいいと思う。
サンダーに強い点や麻痺を撒ける点がジガルデの強みである。



2.ザシアン@朽ちた剣

特性:不撓の剣
性格:陽気
実数値:197(236)-193(20)-135-x-135-220(252)
技構成:巨獣斬/じゃれつく/電光石火/剣の舞
最速ザシアン。ザシアンミラーで強くなるというメリットはあるが、火力不足も実感するため周りでサポートして動かすように意識した。



3.サンダー@ゴツゴツメット

特性:静電気
性格:図太い
実数値:197(252)-x-150(252)-145-111(4)-120
技構成:ボルトチェンジ/暴風/蜻蛉返り/羽休め
主に相手の物理ポケモンに受け出しゴツメのスリップダメージを稼ぐことが役割。特にザシアンや水ウーラオスに多く投げていた。
初手にも投げやすく、初手エースバーンのダイマ(ダイアタック想定)に対してボルチェン+ザシアン着地やマンムーガブリアスに対して蜻蛉+ザシアン着地で綺麗に処理することができる。



4.ナットレイ@オボンの実

特性:鉄の棘
性格:生意気
実数値:181(252)-114-152(4)-x-184(252)-22(最遅)
技構成:ジャイロボール/タネマシンガン/叩き落とす/宿り木
カイオーガ対策。珠カイオーガのストリームに投げてもダイマを切ることで切り返すことができる。
叩きは暇なときに押していたが守るでもいいかもしれない。



5.ポリゴン2@進化の輝石

特性:トレース
性格:生意気
実数値:191(244)-100-116(44)-125-157(220)-58(最遅)
技構成:冷凍ビーム/イカサマ/スピードスワップ/自己再生
黒バド受け。
【S30最終2097,2089-4位,5位】バドホウオウ結 - Origin Regression の調整と技構成をそのまま使用した。
黒バドを安定して受けられる点やスピードスワップでの切り返しを行える点が非常に使いやすかった。



6.カプ・レヒレ@拘りスカーフ

特性:ミストメイカ
性格:控えめ
実数値:153(60)-x-135-157(220)-150-134(228)
技構成:波乗り/ムーンフォース/挑発/トリック
H:控えめ珠イベルタルのダイジェット確定耐え
C:ホウオウへの波乗りダメージ意識
(臆病だと再生で回復が間に合う)
ミストフィールドでの状態異常の拒否やスカーフトリックで受けポケモンの動きを縛れることが強かった。
今まではジガルデ軸のスカーフ枠としてミミッキュを使うことが多く、面倒だと感じていたスカーフを押し付けた後のムゲンダイナの毒々連打などを解消できている点もよかった。



〈要点〉
・対バドザシへの 最速+
相手のザシアンにサンダーを、黒バドにポリゴン2を対面させて試合を組み立てる。
黒バドのトリックでポリゴン2にスカーフが押し付けられた場合はザシアンが上を取っていることがほとんどなため困らず、襷巧みの場合でもスピードスワップ+イカサマ+巨獣斬での処理が可能となる。(最終日対バドザシ7-1)
・対ムゲンダイナへの +
ミストフィールド+ジガルデでムゲンダイナのダイマ砲、毒々、毒技全てをケアして動くことができる。



〈重いポケモン
・ルギア
ディアルガ



〈選出〉
・サンダーポリゴン+ジガルデorザシアン
・サンダーナットレイ+ジガルデorザシアン
・ジガルデザシアンサンダー
・ジガルデカプ・レヒレ@1
以上の4パターンが多かった。



〈成績〉
TNゆうき 86戦 62-24
最終31位
レート2015




〈感想〉
S10以降更新できていなかった最高順位を更新することができて嬉しいです。
20に乗った時点でやめようかとも考えましたが、このままではだめだと思い潜ることができてよかっです。今後も構築やプレイングと共にメンタル面も強くしてさらに高い順位を目指して頑張りたいと思います。


ここまで閲覧ありがとうございました。
質問や誤字脱字等があればTwitter(@yuuki_poke_)まで。

【S28 最終61位/2023】ビリビリZZZ

S28お疲れ様でした。
禁伝2体環境でも最終2桁を取ることができました。
構築名は麻痺が多い+Zygarde.Zacian.Zapdosの頭文字から。


f:id:yuuki__poke:20220401143047j:plain
f:id:yuuki__poke:20220401143051j:plain


〈構築経緯〉
①S27で使っていたジガルデザシアンから構築を組み始めた。
②S27ではガマゲロゲヌケニンを使っていたが、流行していたことによりしっかりと対策されている印象が強かった。そのためザシアンを誤魔化せる枠としてヌケニンの代わりにアッキサンダーを、珠が余ったためカイオーガザシアンに強く出られる珠カミツルギを採用した。
③黒バドや電磁波を絡めてディアルガを誤魔化せるポリゴン2を採用した。
④ジガルデのサポートができ、処理が面倒なコスパムゲンダイナや丸くなるポリゴン2を誤魔化したり、受け構築などに選出できたりするスカーフミミッキュを採用した。


〈コンセプト〉
・麻痺を絡めてジガルデかカミツルギを通す


〈個体紹介〉
1. ジガルデ@食べ残し
f:id:yuuki__poke:20220101143335j:plain:w160
特性:スワームチェンジ
性格:慎重
実数値:213(236)-120-141-x-145(132)-133(140)
→321(236)-120-141-x-145(132)-123(140)
技構成:サウザンアロー/蛇睨み/とぐろを巻く/身代わり
S:変身後に麻痺状態スカーフウーラオス抜き

高耐久+蛇睨み+とぐろを巻くで自身が大きな詰め筋になることができたり、裏を通すための場を作ったりすることができる。
ザシアンにHBサンダーを投げられてもジガルデがHBサンダーに有利なためペースを作りやすい。削れた状態でHBサンダーを引かせることができればカミツルギを通せることもある。



2.ザシアン@朽ちた剣
f:id:yuuki__poke:20211001133324g:plain:w180
特性:不撓の剣
性格:意地っ張り
実数値:197(236)-220(76)-136(4)-x-152(132)-176(60)
技構成:巨獣斬/じゃれつく/噛み砕く/電光石火
HD
スカーフカイオーガの雨下しおふき最高乱数切り耐え
特化珠イベルタルのダイバーン87.5%で耐え
252黒バドの+1ダイホロウ最高乱数切り耐え

技構成はタイプ一致で打てる巨獣斬じゃれつく、耐久振りスカーフ黒バドやネクロズマヌケニン意識の噛み砕く、リーチを伸ばせる電光石火。
ジガルデが苦手な禁伝であるゼルネアスキュレムなどに明確に強く、対面からであれば多くの禁伝とも打ち合える。
ネクロズマの交代に合わせた噛み砕くでBが下がったときダイマの強要をできたり、そのままネクロズマを突破したりと最強ポケモンたった。
終盤は速いザシアンが多かったため、ミラーでは下から動く前提で立ち回っていた。



3.サンダー@アッキの実
f:id:yuuki__poke:20211001133334g:plain:w180
特性:静電気
性格:図太い
実数値:197(252)-x-150(252)-145-111(4)-120
技構成:ボルトチェンジ/暴風/電磁波/羽休め
ザシアンやメタモンにコピーされたときのクッション枠。
(メタモンの被選出率が低いため出さないこともある.最終日メタモン被選出率1/11)
剣舞のないザシアンに対する詰めの駒となったり、電磁波で裏を通すサポートができる点が強かった。



4.ミミッキュ@拘りスカーフ
f:id:yuuki__poke:20220201132322g:plain:w130
特性:化けの皮
性格:陽気
実数値:131(4)-142(252)-100-x-125-162(252)
技構成:じゃれつく/ゴーストダイブ/電磁波/トリック
電磁波での起点作りやスカーフトリックでムゲンダイナや丸くなるポリ2を誤魔化すことができる。
使い始めたのがラスト3日間くらいというのもあり、ゴーストダイブを1回も打たなかったためシャドークローやウッドハンマーでもいい説が少しある



5.ポリゴン2@進化の輝石
f:id:yuuki__poke:20211001133412j:plain:w150
特性:アナライズ
性格:穏やか
実数値:191(244)-x-128(140)-125-144(124)-80
技構成:トライアタック/シャドーボール/電磁波/自己再生
黒バドや電磁波を絡めてディアルガを誤魔化す枠。
いい感じにいろいろ耐えるため裏のサポートをしやすかった。



6.カミツルギ@命の珠
f:id:yuuki__poke:20220401231926j:plain:w150
特性:ビーストブースト
性格:意地っ張り
実数値:135(4)-232(76)-154(20)-x-71(156)-161(252)
技構成:リーフブレード/スマートホーン/聖なる剣/燕返し
HD…ダイマ時スカーフカイオーガの雨下しおふき確定耐え
ダイマ時特化黒バドのアストラルビット確定耐え
A…ダイジェット+ダイスチルでH振りザシアンを確定で落とす

ジガルデとザシアンを見て出てくるヌオーやカバルドンに強く出られる枠。
ザシアンと対面したときはダイジェット→ダイスチルの順番で入る。(削れていないザシアンにダイスチルを耐えられ、巨獣斬→インファイトで落とされるため)
耐久振りは+2ゼルネアスの雷を耐えたり、ポリゴン2のダイアイスを耐えたりと生きる場面が多かった。
火力が凄まじく、HBサンダー以外で明確に止められるポケモンはいない。



〈選出〉
・カバオーガザシアンサンダー
ザシアンジガルデ+サンダーorカミツルギ
イベルタルザシアン
ザシアン+ジガルデサンダーカミツルギから2体
ミミッキュジガルデザシアン
・黒バドザシアン
ザシアンサンダー+ジガルデorポリゴン2
・ゼルネクロ
ザシアンジガルデカミツルギorミミッキュジガルデザシアン
・ホウオウ入り
サンダー+ジガルデ@1
ディアルガザシアン
ポリゴンサンダージガルデ
・受け(ムゲンダイナ)
ミミッキュジガルデカミツルギ
・その他
勘で行けそうなやつ



〈成績〉
TNwhiz 118戦 79-39
最終61位
レート2023
f:id:yuuki__poke:20220401162055j:plain
f:id:yuuki__poke:20220401162057j:plain



〈感想〉
構築に自信がなく、最終2桁確定ラインで保存してしまった。
次は最高順位更新を目指して潜り続けたい。


ここまで閲覧ありがとうございました。
質問や誤字脱字等があればTwitter(@yuuki_poke_)まで。

【S26 最終39位/2033】 ジガドヒドザポス

S26の構築記事です。
S12ぶりに2桁前半を取ることができました。




〈構築経緯〉
①前期に続いてジガルデを使いたかったため、ジガルデドヒドイデテッカグヤミミッキュから@2を考えた。
カイオーガイベルタル黒バドムゲンダイナ軸に出しやすく、ジガルデミラーの解決にもなるチョッキブリザポスを採用した。
③襷を縦にダイマ枯らしや電磁波など、必ずなにかできそうな襷サンダーを採用した。
④サンダーがあまりにも選出率が低かったため、ザシアン軸に対して勝率を上げられるように珠ガマゲロゲを採用した。
同時にテッカグヤの持ち物を珠からパワフルハーブに変更した。


〈コンセプト〉
・スカーフトリックや麻痺を絡めて柔軟に立ち回る


〈個体紹介〉
1.ジガルデ@食べ残し

特性:スワームチェンジ
性格:慎重
実数値:213(236)-120-141-x-145(132)-133(140)
→321(236)-120-141-x-145(132)-123(140)
技構成:サウザンアロー/蛇睨み/とぐろを巻く/身代わり
S:変身時に麻痺状態スカーフウーラオス抜き
高耐久+蛇睨み+とぐろを巻くで自身が大きな詰め筋になることができたり、裏を通すための場を作ったりすることができる。



2.ドヒドイデ@黒いヘドロ

特性:再生力
性格:図太い
実数値:157(252)-x-224(252)-73-163(4)-55
技構成:熱湯/毒々/トーチカ/自己再生
ジガルデのきついヌオーやポリゴン2に毒を撒いたり、ウーラオスミミッキュを誤魔化したりすることができる。



3.テッカグヤ@パワフルハーブ

特性:ビーストブースト
性格:控えめ
実数値:173(4)-x-123-174(252)-121-113(252)
技構成:エアスラ/ラスターカノン/メテオビーム/宿り木の種
ネクロズマ軸やムゲンダイナ軸(受けループ)破壊ポケモン
スカーフミミッキュと合わせて場を作ってから出すことでメテオビームでCを上げつつ殴っていけるところが非常に強かった。
初めは珠のフルアタで使っていたが、ダイマ時にダイウォールができる点、ダイマを切らなくてもメテオビームでサンダーやイベルタルなどの後出しを許さない点が強力だと実感した。
身代わりを入れるか悩んだが、ネクロズマに対してダイスチル+宿り木ができたり、重めのゼルネアスや白バドにも一応出せるようにラスターカノンを採用した。



4.ミミッキュ@拘りスカーフ

特性:化けの皮
性格:陽気
実数値:131(4)-142(252)-100-x-125-162(252)
技構成:じゃれつく/ゴーストダイブ/電磁波/トリック
スカーフトリック+電磁波で裏を通しやすくする。受けループにはミミッキュ+テッカグヤで勝率100%だった。
スカーフと皮を残しておけば最後のスイーパーや強引な後投げからのダイマ枯らしができる点も強い。
スカーフ一点読みのプレイングをされることが多く感じたが、それでも十分強かった。



5.ブリザポス@突撃チョッキ

特性:白の嘶き
性格:意地っ張り
実数値:207(252)-211(212)-150-x-130-56(44)
技構成:つららばり/噛み砕く/10万馬力/インファイト
S:無振りドヒドイデヌオー抜き
イベルタルカイオーガ黒バドジガルデに出しやすい枠。元から高い耐久+チョッキでの撃ち合い性能が非常に高かった。
ジガルデが苦手なカイリューポリゴン2に強いのもよかった。
ジガルデ軸に対しては初手ドヒドイデの裏に置くことで、相手の初手ジガルデとドヒドイデが対面した場合でも、相手は身代わりしか押せないため安全に後投げができ、身代わり分のHPが削れた状態で引かせることができる。ジガルデドヒドイデヌケニンのような選出に対してはHP差でTODでも有利である。



6.ガマゲロゲ@命の珠

特性:すいすい
性格:意地っ張り
実数値:180-161(252)-95-x-96(4)-126(252)
技構成:アクアブレイク/地震/パワーウィップ/瓦割り
B<D DL調整
ザシアンカイオーガ軸に出す。初手でダイマ同士で撃ち合うと残りの雨ターンが2ターンしかなく腐りやすくなると感じ、できるだけ相手のダイマを枯らしてから後発ダイマで荒らすことを意識した。
カイオーガ軸のエースバーンと初手対面ができた場合は、ミミッキュ引きでダイアタック透かし→電磁波→火球で倒されてもガマゲロゲが上から行動できる状況を作った。(初手ジェットの場合はジガルデを絡めて枯らす)



〈重いポケモン
 禁伝枠
・ゼルネアス

 一般枠
・ザシアン軸のドラパルト



〈選出〉
・ザシアン軸
ブリザポス以外から3体
ネクロズマ
ミミッキュジガルデテッカグヤ
イベルタル
ジガルデテッカグヤミミッキュブリザポスから3体
カイオーガ
ブリザポスorガマゲロゲ+ジガルデ+ミミッキュorドヒドイデ
・ゼルネアス軸
テッカグヤミミッキュジガルデorブリザポス
・黒バド軸
ジガルデミミッキュブリザポス
・ムゲンダイナ軸(受けループ)
ミミッキュテッカグヤ+ジガルデorドヒドイデorブリザポス
・ジガルデ軸
ドヒドイデジガルデブリザポス



〈成績〉
TNwhiz 148戦 97-51
最終39位
レート2033


TNゆうき 101戦 70-31
最終63位
レート2016




〈感想〉
久しぶりに上位で戦うことができて楽しいシーズンでした!
また上位で戦うことができたら1桁を目指していきたいと思います。まずは上位で戦い慣れてメンタルを強くしたい。


ここまで閲覧ありがとうございました。
何か質問や誤字脱字等があればTwitter(@yuuki_poke_)まで。

【S25 最終145位/1989】 急襲ジガドヒド

S25の構築記事です。
結果は奮わなかったですが構築の見た目が好きだったので書きました。
20チャレまでは行けたのでめちゃくちゃ弱いということはないと思います。たぶん。


f:id:yuuki__poke:20220101173727j:plain
f:id:yuuki__poke:20220101151609j:plain


〈構築経緯〉
①展開次第では多くの禁伝と撃ち合えるのではないかと考えジガルデを軸に構築を組み始めた。
②ジガルデに有利なヌオーやポリゴン2などに対して毒を撒いてジガルデを通すルートを作れるようにドヒドイデを採用した。
イベルタル軸に投げやすく、前期の影響で蔓延していた歌うラッキーに対しても強く出ることができる奮いたてるカプ・コケコを採用した。
④ザシアン軸やゼルネアス軸に対して強い襷枠としてエースバーンを採用した。
⑤地面の一貫を切り、ダイマ適性のある命の珠テッカグヤを採用した。マンムーに対して強めに出れるためぴったりだと思った。
⑥ザシアン軸やカイオーガ軸にもう少し厚くしたいと考えていたところチョッキラグラージに目をつけた。環境にいるほとんどのラグラージはクッション・起点作りということで「1回削ってから引く」という行動をしてくるザシアンやカイオーガを対面から処理することができるため採用した。なんとなくで採用したが、思ったより決まる場面が多く最後まで使用した。


〈コンセプト〉
・ジガルデを通す
・ジガルデの麻痺から裏を通す
・見ない型、不意のダイマなどから有利展開を取る


〈個体紹介〉
1.ジガルデ@食べ残し
f:id:yuuki__poke:20220101143335j:plain:w160
特性:スワームチェンジ
性格:慎重
実数値:213(236)-120-141-x-145(132)-133(140)
→321(236)-120-141-x-145(132)-123(140)
技構成:サウザンアロー/蛇睨み/とぐろをまく/身代わり
S:変身時に麻痺状態スカーフウーラオス抜き
禁伝枠。とぐろを積んでダイアースを積むとまじで硬くなる。
鉄壁ナットレイに対しても、よっぽど相手の運がよく痺れずに動き続けない限り勝てる。
ジガルデで詰めていけそうな場面は積極的に積み、麻痺を入れて裏のダイマで詰めるルートを取る場合は削りを優先して行動した。



2.ドヒドイデ@黒いヘドロ
f:id:yuuki__poke:20220101143920g:plain:w160
特性:再生力
性格:図太い
実数値:157(252)-x-224(252)-73-163(4)-55
技構成:熱湯/毒々/トーチカ/自己再生
初めは毒菱で使っていたが、撃つ場面が少ないと感じ毒々に変更した。
ジガルデのきついヌオーやポリゴン2に毒を撒いたり、ウーラオスミミッキュを誤魔化したりすることができる。



3.カプ・コケコ@オボンの実
f:id:yuuki__poke:20220101143430j:plain:w160
特性:エレキメイカ
性格:急勝
実数値:155(76)-167(252)-94-116(4)-96(4)-189(172)
技構成:ワイルドボルト/ブレイブバード/草結び/奮いたてる
S:最速エースバーン抜き
イベルタル軸対してラッキーから崩すために採用した。歌うラッキーがきもすぎたため一応の眠り対策も兼ねた。初手のコケコイベルタル対面では奮いたてるから入り、ダイマを切られた場合でもオボンの実で回復して次の攻撃を耐えるためダイマで切り返すことができる。(ジェット→スチル以外)
実際はラッキーではなくホルードマンムーナットレイなどでコケコを見られることが多かったためコケコ1体で崩せる対戦は少なかったが、テッカグヤと同時に選出することで楽に勝つことができた。
ブレイブバードを撃つ場面はほとんどなかったが、ヌケニン入りのイベルタル軸に対しても躊躇なく投げられるという点であってよかったと思う。(1回だけヌケニン倒した)



4.エースバーン@気合いの襷
f:id:yuuki__poke:20220101143903g:plain:w70
特性:リベロ
性格:意地っ張り
実数値:155-184(252)-95-x-96(4)-171(252)
技構成:火炎ボール/跳び膝蹴り/ダストシュート/不意打ち
幅広く出せる襷枠。無難に強いが命中不安が多いことだけが難点だった。
ザシアン軸やネクロズマ軸、ゼルネアス軸に対して積極的に投げる。
最終日に大事な場面で技を外し負けた試合が3回もあり泣きたくなった。



5.テッカグヤ@命の珠
f:id:yuuki__poke:20220101143526j:plain:w160
特性:ビーストブースト
性格:控えめ
実数値:173(4)-x-123-174(252)-121-113(252)
技構成:エアスラ/ラスターカノン/火炎放射/メテオビーム
ネクロズマ軸やゼルネアス軸に対して積極的に投げる。型がばれていなければゼルネアス軸の初手オーロンゲと対面したときにダイスチルから有利な展開を取っていけた。



6.ラグラージ@突撃チョッキ
f:id:yuuki__poke:20220101143647j:plain:w160
特性:激流
性格:勇敢
実数値:207(252)-178(252)-110-x-111(4)-58 ※最遅
技構成:地震/クイックターン/冷凍パンチ/ミラーコート
初手で対面したザシアンとカイオーガを大量に返り討ちにした。ザシアンはほぼ必ずじゃれつくで1回突っ張ってくるためダイアース、カイオーガは眼鏡以外のしおふきを耐えてミラーコートで返した。
火力がある程度あるため、ジガルデを流してくるカバルドンの処理が速くなるのもよかった。
ただし、初見殺しで再戦には弱いため考える余地があると思う枠。



〈重いポケモン
 禁伝枠
ゼクロム
きつかったが意外と勝てた。最終日3/4勝ち。

 一般枠
・ドラパルト
終盤のザシアン構築に入っているドラパルトのほとんどが珠身代わり竜舞だったため結構きつかった。



〈選出〉
・ザシアン軸
ラグラージジガルデ+ドヒドorエスバorテッカグヤ
ネクロズマ
エースバーンジガルデテッカグヤ
イベルタル
コケコカグヤ+ジガルデorエースバーン
カイオーガ
ラグラージジガルデ+エースバーンorテッカグヤ
・ゼルネアス軸
テッカグヤエースバーンジガルデ
・黒バド軸
エースバーンジガルデ+ドヒドイデorテッカグヤ
・ムゲンダイナ軸
ラグラージジガルデドヒドイデテッカグヤから3体
・ジガルデ軸
ジガルデ@2



〈成績〉
TNwhiz 105-67
最終145位
レート1989
f:id:yuuki__poke:20220101142159j:plain
f:id:yuuki__poke:20220101142257p:plainf:id:yuuki__poke:20220101142201j:plain



〈感想〉
20乗ってなくて残念。毎回思ってる気がするけど、最終日前にもっと高い順位のロム用意しておかないとだめだと思った。
開始レート1841からにしては結構上げれた方だと思いたい。


ここまで閲覧ありがとうございました。

【S22 最終58位/2069】 ザシアンレヒレ

S22お疲れ様でした。シリーズ10のルールで最終2桁を取ることができたので記事に残そうと思います。
最終日の0時くらいに1から組んだ構築なので完成度は謎ですが参考になれば嬉しいです。


f:id:yuuki__poke:20211001134750j:plain
f:id:yuuki__poke:20211001135947j:plain


〈構築経緯〉
①最終日の夜まで日食ネクロズマを使っていたが、イベルタルや黒バドなどの明確に不利を取る禁伝や特化インファイトザシアン入りの構築への勝率が悪かった。そこで、どの禁伝に対しても対等以上に戦えるザシアンを使うことに決めた。
②相手のザシアンを最低限止められるようにHBアッキサンダーとHBゴツメ霊獣ランドロスを採用した。
③ザシアンを使う上で、ザシアンを止めにくるHBサンダーやHBランドロスを削ることができ、麻痺などの状態以上のケアもできる眼鏡レヒレを採用した。
④黒バドやマンムーなどの引き先となれるHBポリゴン2を採用した。
カイオーガ対策となるトリトドンを採用した。


〈コンセプト〉
・どの禁伝に対しても五分以上に戦う。
・ザシアンを通す。


〈個体紹介〉
1.ザシアン@朽ちた剣
f:id:yuuki__poke:20211001133324g:plain:w180
特性:不撓の剣
性格:陽気
実数値:191(188)-216(204)-135-x-135-201(116)
技構成:巨獣斬/じゃれつく/インファイト/剣の舞
H…252眼鏡黒バドのアストラルビットを最高乱数切り耐え
S…最速ムゲンダイナ、準速ザシアン抜き
A…残り最大
最強の禁伝。最速ムゲンダイナや準速ザシアンを意識して速めのザシアンを使ったが、実際にザシアンミラーで上を取れることが多かった。
ミストフィールド下でホウオウが出てくるタイミングで剣舞ができれば、聖なる炎の火傷に怯えることなく巨獣斬×2で突破することもできる。
できるだけサンダーの静電気に触れないように舞えるときに舞って一気に破壊することを意識した。



2.サンダー@アッキの実
f:id:yuuki__poke:20211001133334g:plain:w180
特性:静電気
性格:図太い
実数値:197(252)-x-140(180)-145-110-130(76)
技構成:放電/暴風/身代わり/羽休め
S…準速ウオノラゴン+3
ザシアンをメタモンにコピーされたときの一応の引き先。相手に使われるサンダーはきもいが自分で使うときのサンダーは運がいいと本当に神だった。



3.霊ランドロス@ゴツゴツメット
f:id:yuuki__poke:20211001133344j:plain:w160
特性:威嚇
性格:腕白
実数値:196(252)-165-156(252)-x-101(4)-111
技構成:地震/岩石封じ/蜻蛉帰り/ステルスロック
ザシアンに対して投げ、相手のザシアンをザシアン圏内に入れる。特化レベルのザシアンが多く巨獣斬2発で沈んでいくことも多かったがその場合はこっちのザシアンがほぼ上を取れるのであまり気にならなかった。
他にもステロでウルガモスマンムーの襷の削りや蜻蛉返りの対面操作が無難に強かった。



4.カプ・レヒレ@拘り眼鏡
f:id:yuuki__poke:20211001133405j:plain:w160
特性:ミストメイカ
性格:臆病
実数値:145-x-136(4)-147(252)-150-150(252)
技構成:波乗り/ムーンフォース/挑発/トリック
構築のMVP。フィールドでの麻痺ケアやザシアンを止めるために出てくるサンダーやランドロスに負荷をかけていくことが本当に強かった。トリックできつめの日食ネクロズマの行動を縛ったり、トリック+挑発で壁展開を荒らすこともできた。
HPが少しでも残っていればフィールドを張り直すことができるため簡単には切らないように意識した。



5.ポリゴン2@進化の輝石
f:id:yuuki__poke:20211001133412j:plain:w160
特性:アナライズ
性格:図太い
実数値:191(244)-x-156(252)-125-115-82(12)
技構成:トライアタック/冷凍ビーム/イカサマ/自己再生
S…麻痺状態最速ウーラオス抜き
黒バドやマンムーガブリアスなどへの引き先。黒バドはサイキネが多かったので眼鏡に対して引くとやや怪しかったが、黒バド使いあるあるの初手黒バドに合わせたり、ザシアンポリ2でサイキネを打たれにくくしたりすることで十分に役割は果たした。



6.トリトドン@食べ残し
f:id:yuuki__poke:20211001133735g:plain:w115
特性:呼び水
性格:穏やか
実数値:218(252)-x-116(220)-112-117(36)-59
技構成:熱湯/大地の力/欠伸/自己再生
カイオーガ対策。スカーフや眼鏡には対抗できるが瞑想身代わりなどの型だと負けるので諸説枠。何回かハーブソラビヒードランにも負けた。
重くなったヒートロトムにも強かったり、残飯を持っているため欠伸で流しながら回復したりできる点はよかった。



〈重いポケモン
 禁伝枠
・日食ネクロズマ

 一般枠
・拘っていないのに同速に勝ってくるメタモン
マンムー
ヒヒダルマ など



〈選出〉
・ザシアン
ヒレザシアン+サンダーorランドロス

・ムゲンダイナ
ヒレザシアン@1

ネクロズマ
ヒレザシアン@1

・黒バド
ポリ2ザシアン@1

カイオーガ
ザシアントリトドン@1

イベルタル
ヒレザシアン@1

・ジガルデ
ヒレザシアン@1




〈成績〉
TNwhiz 159戦 100-59
最終58位
レート2069
f:id:yuuki__poke:20211001131254j:plain
f:id:yuuki__poke:20211001131455p:plain
f:id:yuuki__poke:20211001131421j:plain


〈感想〉
構築が完成するのが遅すぎたが、ラスト数時間は集中して全ての択も見えており、プレミもなかったのでよかった。その結果レートを1911から16勝5敗で2069まで上げることができた。
21は時間が足りないと判断し2桁保存にしたが、次21を狙える機会があれば保存せずに潜っていきたい。

ここまで閲覧ありがとうございました。
レンタルも載せてあるのでよかったら使ってみてください。

【S20 最終94位/2004】 ラティアスポリドヒド


S20お疲れ様でした。冠環境最後のシーズンで最終2桁を取ることができたので記事に残そうと思います。





〈構築経緯〉
①ラティポリドヒドの並びを使ってみたいと思いここから構築を組み始めた。ラティアスの持ち物をいくつか試し、警戒されにくく奇襲やトリックでのサポートをしやすいと考えスカーフで採用した。ポリ2はランドロスなどの物理を受けるためにHB、ドヒドイデはサンダーなどの処理ルートを増やすためにHDで採用した。
②ゴリランダーが重かったためHBベースのヒートロトムを採用した。
③地面枠が欲しく、重いヤドキングヒードランジバコイルなどに強め+受けを崩せそうな雰囲気のあるラムASガブリアスを採用した。
④対面からウーラオスに弱くなく、欠伸で対面操作ができるHBベースのニンフィアを採用した。



〈コンセプト〉
ラティアスは左上。
・ラティポリドヒドでのサイクル。


〈個体紹介〉
1.ラティアス@拘りスカーフ

特性:浮遊
性格:臆病
実数値:155-x-111(4)-162(252)-150-178(252)
技構成:竜星群/サイコキネシス/マジカルフレイム/トリック
見た目100点枠。警戒されにくいスカーフで奇襲や展開の阻止をする。特にアーゴヨンやドラパルト、蜻蛉をしようとしてくるスカーフ水ラオスに対して奇襲が多かった。シーズン通して竜星群1回も外さなかった。偉すぎる。



2.ニンフィア@食べ残し

特性:フェアリースキン
性格:図太い
実数値:202(252)-x-126(236)-130-150-83(20)
技構成:ハイパーボイス/欠伸/瞑想/バトンタッチ
S…同族意識
選出は少なかったが欠伸での対面操作や瞑想バトンでポリゴン2ガブリアスに繋ぐ動きが強かった。ヤドキング+ポリ2のような並びをガブリアスで崩せなかったが、瞑想を3回くらい積んでからポリ2にバトンをすれば突破手段の一つになる。



3.ガブリアス@ラムの実

特性:鮫肌
性格:陽気
実数値:183-182(252)-116(4)-x-105-169(252)
技構成:スケイルショット/地震/炎の牙/剣の舞
地面枠。構築で重いヒードランジバコイルにも強め。C↑が意味ないがニンフィアのバトン先になることもあった。ランドロスやHBポリ2が多かったので簡単に選出はしにくかったが、選出したときは十分に活躍してくれた。



4.ロトム炎@オボンの実

特性:浮遊
性格:図太い
実数値:157(252)-x-167(196)-125-127-114(60)
技構成:ボルトチェンジ/オーバーヒート/イカサマ/鬼火
S…準速テッカグヤ+1
物理に対して鬼火を入れてから裏のポリドヒドで受けやすくする。イカサマはたまにドサイドンに撃っていた。



5.ポリゴン2@進化の輝石

特性:アナライズ
性格:図太い
実数値:191(244)-90-156(252)-125-117(12)-80
技構成:トライアタック/冷凍ビーム/イカサマ/自己再生
最強の物理受け。ほぼ全試合出した。悪ラオスに対してドヒドイデで鉢巻を確認した後の引き先になれる。ニンフィアのバトン先にした場合物理特殊両方を受けつつ火力も出せる最強ポケモンだった。



6.ドヒドイデ@黒いヘドロ

特性:再生力
性格:穏やか
実数値:157(252)-x-174(12)-73-212(244)-55
技構成:熱湯/毒々/黒い霧/自己再生
HB…陽気悪ラオスの暗黒強打をヘドロ込み最高乱数切り2耐え
HDベースのドヒドイデ。サンダーへの突っ張りを合法化したり対面からウツロイドに負けない。



〈重いポケモン
・珠マンムー
ヒードラン
剣舞ギルガルド
・Gファイヤー
・Gヤドキング+天然ピクシー



〈選出〉
ラティアスポリドヒドが一番多かった。
その他ポリドヒド@1、ニンフィアポリ@1など。


〈選出率〉
ラティアス=ポリ2=ドヒド>ガブリアス>ロトム>ニンフィア



〈成績〉
TNゆうき 138戦 88-50
最終94位
レート2004





〈感想〉
久しぶりに上位で戦うことができ、知ってる人ともかなり当たることができ非常に楽しいシーズンでした。好きなラティアスと最後の冠環境で2桁に届いたのはよかったと思います。


ここまで閲覧ありがとうございました。