ポケモン

【S12 最終36位/2118 ラティレヒレランドポリ2】

S12お疲れ様でした!
目標としていたレート2100↑を達成できたので記事を書きました。



【構築経緯】
7世代のときに使っていたラティアス、レヒレランドロスをまた使いたかったためこの3体から構築を組み始めた。序盤はこの3体+サンダー対策にチョッキジバコイル、皮で誤魔化せるミミッキュ、襷悪ウーラオスを使っていた。しかし、ジバコイルでは珠で熱風のあるサンダーまで考えると安定しないため、この枠をHDポリゴン2に変更した。この4体を固定し残りの2枠を試していた。
残りの2枠は鉢巻ゴリランダーや珠エースバーンなどを試していたが、ゴリランダーはサンダーが多すぎるため全然出すことができず、エースバーンもHBランドや終盤にウオノラゴンが増加しており出しにくく感じた。そこでゴリランダーを採用し得感のあるサンダーに変更し、エースバーンをスカーフウオノラゴンの上から動くことができ、威嚇も効かないクリアボディ最速ドラパルトを採用して並びが完成した。
持ち物に関しては、きついと感じたものを埋める形でできる限り理想の動きができるようにして決めていった。詳細は個体紹介で記述する。


〈コンセプト〉
できるだけサイクルをしつつ、積める場面で積んで相手を詰ます。



〈個体紹介〉
1.ラティアス@タラプの実

特性:浮遊
性格:臆病
実数値:187(252)-x-111(4)-130-150-178(252)
技構成:ショック/マジフレ/瞑想/自己再生
ウツロイド対策。後出しでタラプが発動し再生で受けることができる。
対面からなら珠サンダーにも勝つことができる。相手視点からはタラプが見えておらず、控えめ珠サンダーであれば瞑想を積まれても押し切れるため、ダイマを切っできた場合に起点にすることができる。
ショックのおかげで特殊をラッキーやハピナスで見ているような受けを崩しやすかった。
マジフレでナットレイなどの鋼がいても出しやすかったり、クレセリアに対しても瞑想を積み合ってマジフレでCを下げながら上手くやれば月の光のPPと再生のPPの差で勝つことができる。
選出自体多かったわけではないが、出した試合はとても十分な活躍をしてくれた。
菱形色違いで7世代のリボンが付いているため使ってるとき楽しい。



2.カプ・レヒレ@食べ残し

特性:ミストメイカ
性格:図太い
実数値:177(252)-x-162(100)-115-150-125(156)
技構成:熱湯/ムンフォ/挑発/瞑想
S…最速テッカグヤ+1
持ち物は受け出せる回数を増やすために残飯。
ランドロスの蜻蛉から出すことが多く、威嚇と合わせるとかなりの受け性能がある。
挑発は相手のクレセリアの瞑想を防いだり、遅いミミッキュ剣舞を積ませないために必須。
Sをここまで伸ばすことで準速テッカグヤ抜きぐらいまでしか振ってないレヒレに勝つことができたのも偉かった。



3.霊獣ランドロス@こだわりスカーフ

特性:威嚇
性格:陽気
実数値:165(4)-185(156)-111(4)-x-112(92)-157(252)技構成:地震/岩雪崩/蜻蛉帰り/ステロ
S…最速(最速フェローチェを抜くため)
D>B DL調整
ステロは暇なときに押したり、ダイウォール用として採用した。
初手に出すことが多く、蜻蛉からレヒレで多くの相手に対応できる。
威嚇と蜻蛉でサイクルを回したり、地震の一貫を作ったあとの詰めとしてとても使いやすかった。
ただし、威嚇があるとはいえエースバーンのジェットなど普通に受からないため注意。



4.ポリゴン2@進化の輝石

特性:アナライズ
性格:穏やか
実数値:191(244)-x-110-125-157(220)-86(44)
技構成:放電/冷ビ/身代わり/自己再生
サンダー対策。
ヒレのフィールドと合わせてドラパルトも安定して受けることができた。
高特殊耐久相手に隙を見せやすいためバンギラスウツロイドが多かった終盤は選出が少なくなってしまった。



5.サンダー@弱点保険

特性:静電気
性格:図太い
実数値:197(252)-x-143(196)-145-110-128(60)
技構成:放電/暴風/充電/羽休め
S…S+1で最速エースバーン+4
サンダーをポリ2などで見てる相手を逆に起点にして全抜きを狙う。怪電波とは違いサンダー自身が突破力を得られることがとても強かった。
特性は鉢巻ではないウーラオスやゴリランダーを受けるときに麻痺らせたらラッキーなので静電気にしたが、ポリ2の冷ビを枯らしやすくしたり不毛な耐久サンダーミラーを意識するならプレッシャーでもいいと思う。


6.ドラパルト@命の珠

特性:クリアボディ
性格:陽気
実数値:163-172(252)-95-x-96(4)-213(252)
技構成:ドラゴンアロー/ゴダイ/蜻蛉/竜舞
終盤に増加していたサンダーウオノラゴンの並びに強く出ることができるようにした。
初手に出したときは、初手に来るきついポケモンを無理やり処理したいことが多かったので初手ダイマ率が高かった。
竜舞を積める場面で積んで3タテも何度かしてくれた。
ゴーストの一貫を切っていない構築に対しては雑にダイホロウ押してるだけでも強かった。



・選出率(体感)
ランドロス≧レヒレ≧サンダー≧ドラパルト=ラティアスポリゴン2



〈重いポケモン
・ブリザポス…こいつ硬すぎる
・パッチルドン…5体抜群取られる。初手に来ることが多かったのでドラパルトのドラグーンでダイマ枯らしてからスカーフランドロスで突破してた。



〈選出〉
特に決まった選出はなく柔軟に選出していた。
多かったのはランドレヒレ@1


〈戦績〉
TNwhiz 309戦 181-128
最終36位
レート2118






〈感想〉
今期は好きなポケモンであるラティアスを使うことができて楽しかった。
最終日はレート1927からのスタートでしたが、集中して18-6で2100まで上げることができたのでとても嬉しいです。特に20に乗ったのも朝の5時だったので間に合うとは思ってませんでした。
もう1ロムの方は1940〜1990くらいで停滞しながら結局2000に乗らなかったので1ロム特攻になり、メンタルがきつかったですが中途半端に保存しなくてよかったと思います。
次は最高順位も最高レートも更新できるように頑張りたい。


レンタルパも気分でいつまでかわからないですが公開しておくのでよかったら使ってみてください!
全部菱形色違いで楽しい。


ここまで閲覧ありがとうございました!