ポケモン

【剣盾S1 シングル最終634位 受け攻めブラドヒド】

剣盾シーズン1お疲れ様でした。
3桁の記念に記事を書くことにしました。




〈コンセプト〉
・受けと攻め




〈構築経緯〉
シーズン序盤に全体的に物理環境であったため、役割の被らない2体の物理受けとしてから考えることにした。次に特殊受け(特にトゲキッス受け)として突撃チョッキを採用した。受け以外の駒として対面性能の高い襷とスカーフを採用した。初めはドリュウズの技に岩石封じを採用していたが、岩石封じを撃ちたい場面が少なくつのドリルに変更。最後に刺さっている構築に出せば1体で相手を詰ませられると考えタラプの実を採用した。





〈個体紹介〉
1.ブラッキー@食べ残し
特性:精神力
性格:図太い ※腕白推奨
実数値:202(252)-x-173(252)-x-151(4)-85
技構成:イカサマ/あくび/ねがいごと/まもる
受け。
ステロ+あくびでの流しが優秀だと感じたが、ラムの実持ちも多く、ステロ後に脳死で連打はしないように気をつけていた。
ねがいごとで裏を回復させる動きをすることもあり使いやすかった。





2. ドヒドイデ@黒いヘドロ
特性:再生力
性格:図太い
実数値:157(252)-x-224(252)-73-163(4)-55
技構成:熱湯/トーチカ/黒い霧/自己再生
受け。
ヒヒダルマのこだわりやハチマキウオノラゴン、ダイマックスターン枯らしのためにトーチカを採用した。
熱湯で焼いてくれるとすごく助かる。





3. ヒートロトム@突撃チョッキ
特性:浮遊
性格:控えめ
実数値:157(252)-x-127-170(236)-127-109(20)
技構成:放電/オバヒ/ボルチェン/シャドボ
S:無振りロトム+3
トゲキッス受け。他にも、アーマーガアや鬼火電磁波祟目ドラパルト、リザードンなどの相手もできた。





4. アーマーガア@タラプの実
特性:ミラーアーマー
性格:慎重
実数値:193(156)-107-125-x-150(252)-100(100)
技構成:ブレバ/ビルドアップ/挑発/羽休め
S:+1で最速ギャラドス抜き、ミラー意識
刺さっている構築に対して出すと1体で3たてすることもあり強かった。特にダイジェットでSを上げた後に上から羽休めをすることができるのが強いと感じた。
ミラー意識でSをまあまあ振ったつもりだったが終盤は速いアーマーガアが増えており、抜けない場面が多かったのでSラインを見直す必要あり。





5. ドラパルト@こだわりスカーフ
特性:すり抜け
性格:控えめ
実数値:193(236)-x-96(4)-165(236)-96(4)-166(28)
技構成:流星群/シャドボ/10万/大文字
S:最速サザンドラ抜き
サザンドラ,パッチラゴン意識の流星群
ギャラドス意識の10万ボルト
ヒヒダルマ,ナットレイ,アイアント意識の大文字
ヒヒダルマが放射では落ちないため、命中不安の大文字にしなければならない。





6. ドリュウズ@きあいのたすき
特性:型破り
性格:陽気
実数値:185-187(252)-81(4)-x-85-154(252)
技構成:地震/アイへ/つのドリル/ステルスロック
刺さっているときやステロを撒きたいときに初手に出すことが多かった。また、物理受け2体がパッチラゴンを受けることができないため、パッチラゴン入りにはほぼ選出した。
当ててほしいときに当てないのに、当てなくていいときに当てるドリル。





〈きつい並び・ポケモン

ドヒドイデを出しにくすぎるのでパルシェンが止まらない。ステロ撒いてドラパルトでから破られる前に倒す。

ドラパルトのダイドラグーンかアーマーガアで先にビルド積んでなんとかする。
身代わり持ちの
あくびで流せない。できそうなら身代わりや悪巧みのターンにドラパルトを投げていた。

たぶん他にもいっぱいいる。





〈選出〉
多かった選出は
+ or
+ or

ステロを撒いてから物理受けで回して勝てそうなとき

受けだけで勝てそうなとき
(ロトムは再生技がないのでHP管理を慎重にした)





〈戦績〉
メインロム
TNフィーネ 198戦 120-78
最終634位

※シーズン終了前の写真。シーズン終了後に確認したら順位変動してませんでした。
https://twitter.com/yuuki_poke_/status/1212351110284886016?s=21
↑シーズン終了後の順位確認



サブロム
TNHanayo 64戦 47-17
最終3971位
時間なさすぎてあげる時間なかった





〈感想〉
剣盾初のシーズンで一応目標としていた最終890位以内(SMシーズン1の最終20以上の人数)には入れたのでよかったです。
最終日の朝6時頃まではまだ1000位代におり、3桁に乗ってから潜り続ける元気がなく+1勝で終わってしまいました。
初めて受けと攻めをコンセントにして構築を組んでみたが、選出やプレイングを上手くできなかった場面もよくあったので慣れていきたい。
シーズン2はもっといい構築を考えて上位にいけるように頑張りたいと思います。